スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラジオと模型」の記事から

28_0011.jpg

昭和20年代前半に発行された模型工作雑誌、「ラジオと模型」の記事をご紹介します。

続きを読む »

スポンサーサイト

tag : ラジオと模型 ラジオと模型社 少年文化社

スーパーストリートのポイントが来た! ‥‥あれ?

カタログでは予告されながら、発売されないままK-Line自身が終焉を迎えてしまった、路面軌道ならぬ道路軌道システム・スーパーストリートのポイント(ターンアウト)ですが、ずいぶん後になってバックマンのいちブランドとなったWilliamsから、自動車タイプの車輌たちとともに、トラックシステムも発売されていたのを知り、このたびようやく重い腰を上げて注文。ごく少量ですが、本日左右とも入荷いたしました。
ちなみに、スーパーストリートに相当するWilliamsでのシリーズ呼称は、「E-Z Street」といいます。

28_0010.jpg

Williams E-Zストリート 21インチ曲線用電動ポイント
直線の長さ190mm 左右ともあり リモコンスイッチ・コード付 税別¥8,900-


さっそく取り出して組んでみると、レールから電源を取り、自動機構を組み込んだものが多い三線式のポイントには珍しく、マシンの操作はリモコンスイッチのみで、しかも外部電源式。コネクターが非常に華奢で、しかも浅くしかはまらず、ボキッとやってしまいそうな怖さが。

赤いコードに電源をつないで動かしてみると、シャキッと音を立てて気持ちよく転換。進入方向で自動的に開く、三線式特有の機構は装備していないかわり、先端軌条のスプリングはやわらかく、貨車でも軽く開いて通れます。いわばスプリングポイントでもあるわけです。

まあ、ご覧のとおりバックゲージの狭い、ハイフランジ車輪に対応した設計ですので、国産の車輌を通す場合は、ガードレールの外側にプラ板を張って狭くしたり、フログのフランジウェイをかさ上げするなどしないと、脱線するのは致し方のないところではあります。

ともあれ、これで平面クロス+ポイント4基で、豪快極まりない交差点遊びも夢でなくなった(今回の入荷はほんとにごく少量です、あしからず)わけで、長年待ち望んだ甲斐があったと、一人溜飲を下げたのでありました。

ええ、到着してから判明したので、申し上げにくいのですが‥‥。K-Lineの従来製品にくらべ、明らかに路面のグレーが濃い。つなぐとマダラになってしまいます(泣)。アタマが痛い‥‥。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。