貴寶堂カタログ

26_0025.jpg

戦中まで、大阪市天王寺区大道に本店のあった模型・教材販売店、貴寶堂(きほうどう)のカタログをご紹介します。

昭和戦前の月刊誌、「科学と模型」「子供の科学」ほかを読んでいると、貴寶堂の通販広告が頻繁に掲載されており、その名を知ったのが始まりでした。昭和4年ごろの広告によれば、東京市下谷区初音町(現在の台東区谷中)に東京支店があり、当時の同業他社とくらべても、意気盛んな様子がうかがえました。
「日本の模型 業界75年史」(東京都科学模型教材協同組合)によれば、下谷区の支店は昭和19年ごろまであり、和田豊次郎氏という方が担当されていたとのこと。

表1~表4を除く本文64ページ中、蒸機用部品を含む鉄道模型のページが約半分、29ページを占め、紹介製品も他のジャンルとくらべ点数が多いことから、取扱いの主力を鉄道模型に置いていたことがうかがえ、興味深いものがあります。
メーカーは川合模型製作所(現カワイモデル)、関電機、朝日化学玩具工場(朝日屋)、竹岡模型製作所、西尾音吉模型工場(後の西尾理化学機械製作所)、小川精機、子科代理部(現科学教材社)と、当時の一線メーカーをほぼ網羅していたことがわかります。製造元名はいずれも記載されておらず、自社ブランドのような紹介をされていますが、これは当時の通販カタログや広告では、普通のことでした。

今回は鉄道模型のほか、後半の汎用蒸気エンジン、モーターボート、ソリッド艦船・航空機、フライングスケール機、工具、空気銃を含め、全ページを紹介します。当時の総合模型店の雰囲気や、コピーに見られる時代の空気を感じていただければ幸いです。なお、本書も発行年月の記載がありませんが、製品などから昭和13~15年と推定しています。

26_0026.jpg

26_0027.jpg

26_0028.jpg

26_0029.jpg

26_0030.jpg

26_0031.jpg

26_0032.jpg

26_0033.jpg

26_0034.jpg

26_0035.jpg

26_0036.jpg

26_0037.jpg

26_0038.jpg

26_0039.jpg

26_0040.jpg

26_0041.jpg

26_0042.jpg

26_0043.jpg

26_0044.jpg

26_0045.jpg

26_0046.jpg

26_0047.jpg

26_0048.jpg

26_0049.jpg

26_0050.jpg

26_0051.jpg

26_0052.jpg

26_0053.jpg

26_0054.jpg

26_0055.jpg

26_0056.jpg

26_0057.jpg

26_0058.jpg

26_0059.jpg

26_0060.jpg

26_0061.jpg

26_0062.jpg

26_0063.jpg

26_0064.jpg

26_0065.jpg

26_0066.jpg

26_0067.jpg

26_0068.jpg

26_0069.jpg

26_0070.jpg

26_0071.jpg

26_0072.jpg

26_0073.jpg

26_0074.jpg

26_0075.jpg

26_0076.jpg

26_0077.jpg

26_0078.jpg

26_0079.jpg

26_0080.jpg

26_0081.jpg

26_0082.jpg

26_0083.jpg

26_0084.jpg

26_0085.jpg

26_0086.jpg

26_0087.jpg

26_0088.jpg

26_0089.jpg

26_0090.jpg

26_0091.jpg

26_0092.jpg
スポンサーサイト

tag : 貴寶堂